ホビーライン!

~忙しいけどガンプラ作りたい!~

簡単フェニッシュでHGAWサンドロックを作ろう! その2

f:id:hkn3:20200213145419j:plain

HGAWサンドロックを作ろう! その2になります。

今回使うのは上の四つの塗料です。全体の汚しを強めて、本体は完成に近い形まで作業していこうと思います!

 

ドライブラシをおこなう。

f:id:hkn3:20200213145646j:plain

最初はエナメル系塗料のフラットアルミとバフでドライブラシを行います。

ドライブラシというのは、簡単に言うと、乾いた筆をパーツの角にすりつけて立体感を強調するテクニックです。

まず塗料を含ませた筆をティッシュに擦り付けて、ほとんど乾いた状態にしてしまいます。

 

f:id:hkn3:20200213150735j:plain

で、それをパーツの角(エッジの部分)に擦り付けます。

一回やったくらいだと全然色が付かないのですが、何回か擦り付けるとエッジの部分にだけわずかに色が乗って、パーツの雰囲気が変わっていきます。

ちょっと写真が悪いですが・・・。フラットアルミは関節のグレー部分におこないました。

全体にはウォッシングをしているのに、関節だけ未処理だとどうしても浮いてしまうので、シルバー系でドライブラシをして馴染ませようとする狙いです。

ハルレッドなどを使って錆がでているイメージでもよかったんですが、砂漠で活動する機体が錆びるかな? と思ったので、シルバーで下地が出ている感じにしてみました。

 

f:id:hkn3:20200213151942j:plain

一方バフの方は、紺色を中心に擦り付けています。

狙っているのは、砂埃で汚れている、です。

エナメル系塗料なので、やりすぎてしまったら溶剤でふき取ってしまえばいいので、気楽にいきましょう。

どうでもいいですけど、バフって面白い名前をしていますよね。

 

スポンジチッピングをするよ!

f:id:hkn3:20200213152136j:plain

次はスポンジを使ってチッピングをしていきます。

やり方が分からない方はこちらをご参照ください。

スポンジを使ったチッピング塗装のやり方! - ホビーライン!

 

ただし、今回使うのは水性塗料の焼鉄色です。

水性塗料なので、失敗してもエナメルと違い溶剤でふき取っても取れません。(少しは取れますが)

ですので、やり過ぎに注意しましょう。まあ、このサンドロックは無塗装なので、やりすぎてしまったらヤスリで削ってしまえばいいんですけどね。

 

f:id:hkn3:20200213154058j:plain

乾いたスポンジをエッジを中心に押しつけて、装甲に汚れをつけていきます。

今回、メインのウェザリングはウォッシングなので、スポンジチッピングはすごくひかえめに行いました。

 

f:id:hkn3:20200213155508j:plain

そして、チッピングついでにやってしまいたいこと。

パーツを切っていくと、何か所かはこういうふうに、少しえぐれて傷になってしまう部分が出てきます。

 

f:id:hkn3:20200213155651j:plain

こういう部分にも、ちょこっとだけ黒鉄色を塗って、誤魔化してしまいましょう。

簡単フェニッシュで有名な、あるモデラーの方も、ニッパーでついた傷はそのまま傷として処理する、と言っていました。

傷なのであれば、シルバーとかグレーとか使っても良かったかもしれませんね。

 

更にウォッシングをしていこう!

f:id:hkn3:20200213154230j:plain

で、次はグレイッシュブラウンでウォッシングをしていきます。

ウォッシングって、その1でもしてなかったっけ? って思うかもしれませんが、今回は下半身を中心に、その1で使った色よりも濃い色で、ウォッシングをします。

なぜかというと、サンドロックは砂漠で戦う機体なので、絶対に下半身の方が激しく汚れるからです。

ウェザリングはやみくもに汚すのではなく、「どんなふうに汚れるのかな?」ということをイメージしていくのが大事とよく言われます。サンドロックなどの局地仕様の機体は、汚れ方も凄くイメージしやすいので、初心者の方もやりやすいんじゃないでしょうか?

きっと装甲の裏とかも汚れていると思います。アンクルガードの裏とかも、容赦なく汚しましょう!

 

その2のまとめ

f:id:hkn3:20200213161330j:plain

その2でおこなった作業のまとめです。その1と比べて、一気に汚れました。

正直、この状態で完成でもいいですね。

でも今回はもう少し続きます。それではまた、その3で。

 

簡単フェニッシュでHGAWサンドロックを作ろう! その1

f:id:hkn3:20200207225124j:plain

どうも、いるです!

今回から、素組を行ったサンドロックに手を加えていきます。

ただし、行うのは簡単フェニッシュです! 高価な工具を使わず、時間もあまりかけないでかっこよく仕上げるがコンセプトですね。

写真が素組を終えた状態です。ゲート処理をして、全身にスポンジヤスリを掛けています。

実際に組み立てていく過程も記事にしているので、よろしければご覧ください。

初心者でもできる! 綺麗でカッコいいガンプラの組み立て方! 前篇 - ホビーライン!

初心者でもできる! 綺麗でカッコいいガンプラの組み立て方! 後編 - ホビーライン!

あまり難しくはないので、素組みを終わらせてみた方は、ぜひ挑戦してみてください。

では、やっていきましょう!

フィルタリングをする

f:id:hkn3:20200210184048j:plain

まずはウェザリングカラーのサンディウォッシュを使って、全身にフィルタリングを施します。

フィルタリングってなに? という方はぜひこちらの記事もご覧ください。

〈超簡単!〉ウォッシング(フィルタリング)塗装のやり方! - ホビーライン!

サンドロックは砂漠で活動する機体なので、この色が似あいそうですよね。

 

f:id:hkn3:20200210184319j:plain

ウェザリングカラーをこんなふうにパーツの全身に塗ります。

綺麗に塗る必要はありません。わさっと、覆うように塗ってしまいましょう。

 

f:id:hkn3:20200210184351j:plain

そして、完全に乾く前にティッシュでぽんぽんと、叩くようにふき取っていきます。

そうすると全体のトーンが変わり、パーツの雰囲気が変わってきます。

一度で色が付かなくても、何回かやると色が乗っていくので、自分がいいとおもうまで繰り返していきましょう。

スポンジヤスリ(または艶消しスプレー)で全身を艶消しにしていることが、ここで活きてきます。未処理のパーツはつやつやしているので、塗料の定着があまりよくありません。

 

部分塗装をする

f:id:hkn3:20200210185023j:plain次は部分塗装です。

やはり最近のキットは色分けも素晴らしく、ほぼ完璧です。

ですが、肩のバーニア(?)など一部分はさすがに色分けされていませんので、今回は部分的に塗装をしていこうと思います。

 

f:id:hkn3:20200210185513j:plain用意するのはこちらです。

ラッカー系塗料のシルバーとエナメル系塗料のジャーマングレー。

シルバーはフェニッシャーズというちょっと高い塗料なんですが、クレオスのシルバーを切らしていただけで、別にラッカー系塗料であれば問題ありません。

本当は値段も安く、手に入りやすいので、クレオスのシルバーを使いたかったんですが・・・。

 

f:id:hkn3:20200210185931j:plain

まずはラッカーのシルバーでバーニアの部分を塗ります。

 

f:id:hkn3:20200210190030j:plainつぎはエナメルのジャーマングレーで、へこんだ部分をバーニアごと塗ってしまいます。

 

f:id:hkn3:20200210190131j:plainのちのち記事にしようかな、と思っていますが、エナメル系の塗料というのは、ラッカー系の塗料を溶かさないという特徴があります。

 

f:id:hkn3:20200210190411j:plainつまり、綿棒などに溶剤をしみ込ませ、表の部分だけをふき取ってしまえば、下に塗ったシルバーが出てきて、こういうふうに塗り分けることが出来る、ということです。

このサンドロックは未塗装なので、へこみからはみ出たシルバーは、カッターの先かヤスリで削ってしまえばいいです。

削る範囲によっては、もう一度フィルタリングをしてトーンを整えておきましょう。

これでサンドロックの塗り分けはOKです。同じ要領で、足の先も塗り分けておきました。

 

その1のまとめ

f:id:hkn3:20200210191034j:plain

全身にフィルタリングを施し、現在の状態がこちらです。

他に作業したところは、シールドの目(?)は特徴的なので水性の赤で塗装。

あと、各種のバーニアにあたる部分も、水性塗料の黒鉄色で塗り分け。

このあたりも、はみ出たら削ってしまえばいいです。未塗装だからこそできる技ですね。

カメラアイと額のセンサーは付属のシールです。

 

どうでしょう? すこし塗り分けただけでも、けっこう変化が出たと思います。

でも、まだまだですよ! それでは、その2に続きます。

 

その2はこちら!

mokeino.hatenablog.com

 

 

初心者でもできる! 綺麗でカッコいいガンプラの組み立て方! 後編

どうも、いるです!

これだけは揃えて欲しい! という工具だけでおこなっている、綺麗でカッコいいガンプラの組み立て方、後篇になります。 

さて、前回の手順を繰り返すと、HGのサンドロックなら3~4日ほどでこのように組み立てることが出来ると思います。

さすがに最近のキットだけあって、すごくかっこいい!
これで完成としてもいいのですが、更に見栄えを良くするため、今回はもう少しだけ手を加えていこうと思います。
使う工具はもちろんそのままです。では、さっそくやっていきましょう!

パーティングラインとヒケの処理

f:id:hkn3:20200207214518j:plainプラモデルのパーツには、こういった不自然な線が入ったパーツがあります。(右側にはわかりやすいよう赤の油性ペンで印をつけてみました)

『パーティングライン』と呼ばれるものなんですが、これはプラモデルの金型の合わせ目の跡です。

本来のパーツにはないものなので、見つけましたらゲート処理と同じようにヤスリを掛けて消してしまいましょう。
パーティングラインは模型に必ず存在するんですが、最近は目立つものは少なくなってきました。
注意深く見ても全然気が付かずに、仕上げのときに見つけることもあります。
それくらい目立たないから別に放っておいてもいいのかもしれませんが・・・。

 

f:id:hkn3:20200207214944j:plain

ヤスリで簡単に削れます。ちょっと白化の跡やペンの跡が残ってしまいましたね・・・。
ちなみに『パーティングライン』と似たものに『バリ』というものがありますが、最近のガンプラではほとんど見受けれません。
もしあれば、それもデザインナイフで削り取ってヤスリを掛けるんですが、どういうものか気になった方はググってみてください。
金型から漏れたプラの樹脂が、平べったくなったものがバリです。

 

f:id:hkn3:20200207215200j:plain次は『ヒケ』の処理の話です。
写真はヤスリを掛けたパーツなんですが、わかるでしょうか?
パーツにヤスリを掛けたのに、削れている部分とそうでない部分があります。
こういう風に、プラモのパーツというのは若干ですが歪んでいたりします。
その歪みの事を、『ヒケ』といいます。
パーティングラインと同様、このヒケは本来のパーツにはないものなので、ヤスリを掛けて整えてやります。

 

f:id:hkn3:20200207215351j:plain処理後です。

ただ、最近はヒケも小さく、少なくなっているので、消し忘れてもそんなに目立ちません。

パーツが大きくなればなるほどヒケも大きくなるので、そういうときはラッカーパテなどを使って処理の手助けをするんですが、今はほとんどヤスリでいけます。特にHGくらいなら簡単に消せますね。

 

パーティングラインもヒケも、どれくらい処理をするかは作っている人次第です。

たしかに綺麗に処理をして面を出していくと、全身がしゃきっとしてかっこよくなるのですが、目の敵にして全身くまなくヤスリ掛けをするのはかなり大変です。

と、いうかキリがありません。

目立つところだけやってしまうのがいいと思います。

パーツの鋭利化

f:id:hkn3:20200207220745j:plain

プラモのパーツには安全基準がかかり、先端が丸く、太く処理されているパーツがあります。

ガンプラで言うならアンテナの先などに妙な出っ張りがついていたりします。(赤く塗られている部分)

こういった部分も鋭利にしてあげるとかっこよくなるので、薄刃ニッパーで出っ張りだけを切り取ってヤスリで鋭くなるよう、形を整えてあげましょう。

すこし怖いですが、薄刃ニッパーなら出っ張りだけを切り取ることが出来ます。

 

f:id:hkn3:20200207221959j:plain

アンテナの鋭利化は上手い人は、ほんとうに上手いんですが、実はこれ、私はかなり苦手でして・・・。

細くなればパーツは折れやすくなりますし、修復も大変ですので、私は赤のラインのような角度で削り、ある程度妥協していたりします。

大変なぶん、シャープになったアンテナはすっごくかっこいいのですが、どこまでそれを求めるかはもやはり作る方次第ですね。

 

f:id:hkn3:20200207222312j:plainちなみにサンドロックですと、アンテナの他にヒートショーテル(武器)の先端も丸くなっています。

 

f:id:hkn3:20200207222421j:plain

こういうところも鋭利化してしまいましょう。アンテナよりずっと簡単です。

 

f:id:hkn3:20200207223048j:plain

それとヒートショーテルには発熱状態を再現したクリアパーツもついてくるのですが、これはちょっと問題があります。

クリアパーツはヤスリで削ると白く曇り、透明度が無くなります。つまり削ったところが滅茶苦茶目立つのです。

800番以上の細かい番手のヤスリを掛け、コンパウンドという研磨剤を使うとある程度は透明度を維持したまま形を整えることが出来るのですが、新しい工具が登場してしまうので、今回は割愛します。

で、どうしたかと言いますと、普通にヤスリを掛けて先端を整え、800番のスポンジヤスリでヒートショーテルの全身を磨きました。

全体が濁るので「こういう仕様だ!」と言い張ることが出来ますが、クリアパーツの透明感が好きな方は、ヤスリを掛けるのはやめておきましょう。

 

スポンジヤスリで全身を艶消しに!

f:id:hkn3:20200207223206j:plainゲート処理やパーティングラインを消していくと、当然キットにはヤスリを掛けた場所とそうでない場所が出来ます。
ヤスリを掛けた場所はツヤが無くなり、キットのままだとツヤがあります。

 

f:id:hkn3:20200207223247j:plainこのままだとヤスリを掛けた場所が目立ちすぎてしまうので、私は800番くらいのスポンジヤスリで全身を磨くようにしています。使っているのは『神ヤスリ』という模型用のスポンジヤスリです。

 

f:id:hkn3:20200207223323j:plain

スポンジヤスリは曲面に馴染むので、簡単に全身を研磨できます。

そうするとパーツがつや消しになり、全身が馴染んで統一感が出ます。

全身にやるの? 面倒じゃない? と思うかもしれませんが、実際やってみるとそれほど時間はかからなかったりします。

逆に、作業中はけっこう楽しかったりするので、お試しあれ。

付属のシールを貼ろう!

f:id:hkn3:20200207223609j:plain

ガンプラにはだいたい、シールが付属します。

シールにも種類があるのですが、こういった『ホイルシール』と呼ばれているものは、ほぼ確実に入っていると思います。
パーツの色分けでは難しい場所の色を補うためのものなんですが、ホイルシールというのは、どうしても独特の光沢感や厚さがあり、悪い方向に主張しがちです。

 

f:id:hkn3:20200207223642j:plain

ですので、付属のシールは極力使わないようにしているのですが、私はカメラアイだけは使うことが多いです。

塗装するよりはるかに簡単で、しかもかっこよく仕上がります。

ただ、最近はシールで補う箇所も本当に少ないし、使ってもさほど目立たなかったりする場所だったりします。

基本的には部分塗装をすることをお勧めしますが、場所によってはシールを使ってもいいかもしれませんね。

完成! そして次のステップへ~

f:id:hkn3:20200207225124j:plain

そうして、ひと通りやることを終えた状態がこちらです。

どうでしょうか? ゲート跡やパーティングライン、ヒケを消し、全身を艶消しにして統一感のある仕上がりになったと思います。

もちろんこの状態で完成としてもいいんですが、もっと手を加えたい! と思いましたら、部分塗装をしてもいいですし、スミイレをしてもいいと思います。


私は全塗装をするとき、大きな改修をしないで仕上げると決めたら、まずはこの状態にします。

その後に色々と検討するんですが、その過程も機会があれば記事にしていきたいですね。

このサンドロックは簡単フェニッシュで仕上げようと思います。もしこの状態から手を加えていきたいぜ! って方がいましたら参考にはなると思いますので、お付き合い下されば嬉しいです。

長い記事にお付き合い下さり感謝です。それでは。

 

 
前篇はこちら!